Books

鉄塔おじさん

RELEASE ISBN 978-4-06-220949-6

鉄塔おじさん

神崎あたりは田舎の役場の生活相談課で働いている。毎日毎日、クレームをつけにくる町営団地の住人の対応に追われる日々。そんなあたりを、目の敵にする教育係の杉田さんには毎日、役場のテラスに呼び出されて暴言を吐き散らかされる。あたりに好意を寄せる同じ職場の三浦からのアプローチを受け、このまま付き合うのかと思っていた矢先、食堂で話すあたりと三浦の姿を見つけた杉田から信じられない告白をうけ、あたりは何もかもがうまくいかないと混乱し、休職願いを出す。
そしてあたりが逃げ込んだ先が、生活安全課の時に知ったある不思議な人物の家だった……。その人物は、町の大地主で、所構わず謎の物体を置き、住民からも苦情が相次ぐ人物だった。

あたりはおじさんと共同生活を続けることにより、徐々に自分を取り戻していく。そして、いつのまにかおじさんのことがとても気になる存在となっていることに気づく。

価格:本体1,500円(税別)
判型:四六変型
ページ数:256ページ

  • 1:第一章
  • 2:第二章
  • 3:第三章
  • 4:第四章
  • 5:第五章
  • 6:第六章
  • 7:第七章
  • 8:第八章
  • 9:第九章
  • 10:第十章
  • 11:第十一章
  • 12:第十二章
pagetop