Biography

黒木渚

まるで映画のような舞台のような音楽

独特の文学的歌詞で、女性の強さや心理を生々しく歌い上げる、孤高のミュージシャン。

宮崎県出身。全ての作詞作曲をつとめる。
幼少期に日本舞踊をやっていた祖母の影響で漠然とステージに対する憧れを抱く。

中高時代は厳格な寮制学校に通い、世の中の情報からシャットアウトされていた環境の中で、読書・絵画などを通して自己表現に目覚めていく。

卒業後、福岡の大学へ。軽音部に加入し、独学でギター・作詞作曲を始め、市内で弾き語りのライブ活動を開始。2010年12月には、自らの名前を掲げたバンド“黒木渚”を結成。また、在学中には文学の研究にも没頭し、大学院まで進む。卒業後、文学や演劇への道も考えられたが「自分の中の衝動を表すには音楽が最速だった」という理由で、音楽活動を本格始動することを決意。

2012年12月に、デビューシングル「あたしの心臓あげる」をリリース。各方面で話題となり、iTunesが選ぶブレイクが期待できるアーティスト「ニューアーティスト2013」にも選出される。

その後、1stミニアルバム「黒キ渚」、2nd Single「はさみ」をリリースし、東京キネマ倶楽部(SOLD OUT)を含む5大都市ワンマンツアー「やわらかなハサミ」を大盛況で終えるも、2013年12月の「COUNTDOWN JAPAN 13/14」出演をもってバンドは解散。

2014年からソロ活動をスタートさせる。

同年4月に、11人の女の物語を描いた1stフルアルバム「標本箱」をリリース。サウンドはよりカラフルでダイナミックに。作家としての表現力はより幅広く繊細に。リード曲「革命」は全国のラジオ20局でパワープレイに選出され、USEN総合チャートでも3位にランクイン。

2015年1月に、3rd Single「虎視眈々と淡々と」をリリース。また同時に初の連作小説「壁の鹿」を発表。同年3月からスタートしたワンマンツアー「虎視眈々と淡々と」では、朗読とライブ・パフォーマンスとが交互に展開される、これまで以上に演劇的要素の強い挑戦的な公演を開催し、多くのファンを魅了する。

6月には、全曲ラブソングSingle「君が私をダメにする」をリリース。翌月、恵比寿LIQUIDROOMを含む5大都市での入場無料ワンマンツアーを開催。約1万人の応募が殺到し、全会場満員御礼の大盛況でツアーを終える。

10月に2nd Full Album「自由律」をリリース。オリコンチャート初登場10位にランクイン。翌月には小説家として文壇デビューも果たし、さらに同月から6大都市で開催されたONEMAN TOUR「自由律」2015はSOLD OUTが続出。演劇的、文学的、音楽的、そして1人の女の生き方を見せるドキュメンタリー、様々な要素をミクスチャーしたライブスタイルで多くの人を魅了した。

2016年4月6日、New Single「ふざけんな世界、ふざけろよ」のリリースが決定。同月より東京国際フォーラムホールCを含む6大都市ONEMAN TOURを開催する。

pagetop